www.goodcrushyale.com
 私は寒い地方に住んでいますが、1年を通して海釣りに出かけます。  私の住んでいる地域で、1年の締めくくりになる魚釣りの魚種は「ハタハタ」です。  「ハタハタ」は、12月の初旬頃の海が荒れた日に産卵の為に接岸する深海魚です。  去年は、釣りに出掛けたタイミングが良かったため、かなりの数を釣ることができました。  一番すごかったのが、「ハタハタ」の接岸のタイミングと合った事です。海が荒れた次の日の夜でしたが、夕方から海が凪ぎの状態になり、数百匹という数の「ハタハタ」が月の光に照らされてテトラポットの間に入ってきました。  よくテレビ番組でイワシの群れが泳いでいる様子が見られますが、ちょうどその状況と似たような感じでした。  竿を出すと、サビキのはりに一回に2から3匹と(普段は、4・5分でやっと1匹かかるくらい)あっという間にクーラーボックスが、いっぱいになりました。  12月のわりには気温も高く、風もなく最高の日になりました。